転職するのに資格があれば有利になることはいうまでもありませんが、資格と言ってもいろいろあるものです。

転職に有利な資格はこれ!
転職に有利な資格はこれ!

転職するのに資格があれば有利になることはいうまでもありませんが

転職するのに資格があれば有利になることはいうまでもありませんが、資格と言ってもいろいろあるものです。
有利になるといえる資格は、どういう職種に転職したいのかにもよりますが、技術系の資格は難易度が高ければ高いものほど効果を発揮します。基本情報技術者のような、その職種では有名どころの資格で、難易度もほどほどでわかりやすいものが狙い目です。

他にも、その資格がなければできないような仕事もありますので、そういったものを狙って取るのも良いでしょう。人数が少ないものは有利に働きます。簿記関連もとっておくと有利になります。事務関連では重宝されるものです。
会計士の資格になると難易度は更に上がってしまいますが、これも取ることができればかなり有用です。

医療関係の資格も、とっておくことができれば力になります。転職しやすい業種もあるので、よく調べてとっていけば選択の幅は広まります。介護関係も資格を持っていれば入りやすいという部分があるので、もしもそちらへの転職を考えている場合はとっておくと良いです。
実際に勤めながら更に上の資格をとると、給与面でも有利になりますし、同じ介護の関係なら更に転職がしやすくなるのでおすすめできます。

多くの人は、一度は転職を考えるようです

多くの人は、一度は転職を考えるようです。

でも今の実力を考えて思い直すそうです。

その時に持っていたら決断できる資格としては、まずは英語関係があるでしょう。日本で歴史のあるものとして英検があります。級によって実力を証明することができます。2級以上を持っていると評価されるとも言われます。最近ではスコアを評価する英語の資格もあります。合格点ではなく、点数が何点以上だと評価されるというものです。
管理職の転職だと条件に入っていることもあります。
簿記検定の資格も評価されるものの一つです。
経理部の資格のように思うのですが、一般の社員でも会計の知識は必要です。
開発者ならコストのことを考えなければいけません。営業なら営業先の経理の事情を知る必要があります。与信情報においても会計の情報が出てくることがあり、会計のことを知らないでは勤まらないのです。
一般的には3級の知識は必須で、2級以上持っていればより会計のことを知っていると見てもらえることがあります。
法律系の資格も有利になります。会社関係における法務の知識を問う資格としてビジネス法務があります。会社の取引はほとんどが法律に絡んでいると言えます。基礎的なことを知っていると、法的に問題ないかどうかがわかります。資格を取得する上で法律の勉強が必要になる行政書士や宅建なども評価されることがあります。司法試験などの深い知識は必要としませんが、民法など一般人として知っておくと良い法律が試験科目に入っているので評価されやすいです。