転職に有利に資格は、英語検定一級と簿記検定二級以上、ファイナンシャルプランナーです。

転職に有利な資格はこれ!
転職に有利な資格はこれ!

転職に有利に資格は

転職に有利に資格は、英語検定一級と簿記検定二級以上、ファイナンシャルプランナーです。
これらは、ビジネスの基礎知識となり、ビジネスで役立つ資格だからです。
私はこれらの資格をすべて持っていて、面接を受けてきた感触でもそう感じました。

上述の資格はどの資格も、何かをするためのはっきりとした専門の資格ではありません。例えば、「公認会計士」や「税理士」の資格は簿記だけでなく、税金の計算まで経理のことは専門にできるでしょう。
しかし、専門過ぎて大企業ならともかく、転職するすべての会社に必要とは限りません。特に小さな会社はみんなで仕事を手分けしていることが多いため、むしろその資格が専門的過ぎて十分に活かせないこともあります。
それに対して、上記の資格だとビジネスをする場合には基本となる資格で、ビジネスパーソンの基本にあると、広く応用でき、何にでも役立てることが出来ます。つまり、これらを持っている社員ならどんな仕事にも転用することが出きるのです。

例えば、どんな仕事にも英語は必要だし、簿記の知識はあると便利です。
さらに、資産形成や経済の仕組みなどを知っているファイナンシャルプランナーの資格があれば、経済環境を広くとらえることが出来、そのことから、会社の資産形成やお客様のニーズの的確な捉え方、そこからの商品開発をすることができます。
その意味で、国際経済を影で支える英語の検定、経済を収支で考える知識を学ぶ簿記検定、そして、資産運用や社会的ニーズを的確にとらえるための知識を学ぶファイナンシャルプランナーの資格こそ、転職に有利な資格だと自分の体験からいえます。